2011年6月19日日曜日

肩の痛みを打ち消す運動とは

肩の痛みに困っている方には、一番手っ取り早い朝方に行う運動をお勧めします。

この運動は、きき肩である右側を最初目一杯に引き伸ばす事で、首筋の筋肉にまでストレッチを与えて血行を促進する

1、足をひらき、右側のほうに沈むように傾けていく。
  手は、左足にあわせるように、左手を伸ばし、右手は右ひじを折って、左側に沿うような流れで、右手と左手がい直線
  上になるようにするとよい。
  顔は、左側を見るようにして、右足を徐々に、押し曲げるような状態に沈めていく。
2.完全に、左足が伸びきって、右足は、完全に、曲げるように沈めた状態にもってゆき、右ひじを目一杯、引き伸ばすよう
  に、肩と、右ひじを引き伸ばす事が重要であり、それによって、肩に血液の流れを良くしてやる。
3.そこで、180度上半身を、両手を円形に回して 後ろを見る状態にする。
  この際、右手が左足側に添う形になり、左手は一直線上になるように 右足の膝を曲げた、その足首のほうに伸ばす。
  その際、両手は、一直線に成るような、角度であることです。
video

動画のようにすることです。
良く、ご覧になって、やってみてください。 バスを待っている間とか、プラットホームで、電車を待っている間に出来る、

簡単な動きです。 なお、万一、足が自由に曲がらない場合は、少し膝を曲げた状態でも結構です。

同時に反対の、左足をまげ、右足を伸ばした状態で、さき程と反対の右手を足に沿うように下向きにして、左手はひじを曲げて少し肩より高い位置に上げるようにして、1直線上になるようにすると、出来ます。
http://diet.goo.ne.jp/member/feature/0703_no1/images/01_illust.jpg

この運動をして、なれない人は、体を180度回した所で、腹筋がつり始めた人がおります。
上記URLに示す如く、腹筋の中でも、腹直筋は、縦に走っている筋肉ですが、伸びていないので、無理やり180度の回転についてゆけなくつるのだと思います。 徐々におこなうか、少しずつやることで、伸ばす事に慣れさせてやってくだっさい。

この、動きの中で、腰のひねりが有りますが、約、3つの役割がある、とても効果的な運動です。
1. 仙骨と骨盤との間に、わずかに動く関節がありますが、仙骨関節を柔らかくする、一番効果的な動きで、仙骨関節を 
   柔らかくいたしますと、バランスのとり方が良くなりますし、腰の真ん中当りがよく痛くなる、女性に多い、所ですが
   そこが改善され、腰の痛みは無くなります

2. 腸の部分が、ひねりだされますので、腸の活動が、よくなり、便秘や子宮内の血行の上昇に大きく関与して
   腰が冷えるとかが、即改善。

3. 不妊症の1つの原因である、子宮内での血流の悪い事が、改善に向き、徐々に妊娠し易い体に変わる。

この運動のほかに、足のバランスを保ち、勝、足にバネ力を付ける運送を次のブログで動画を入れて説明してます。

又、、太極拳についてで、動画により、太極拳の極めつけといわれる【女子太極拳のチャンピオンhttp://24taijiquan.a7j.biz/category14/entry62.html】の動きを見てください。

0 件のコメント:

コメントを投稿